bar clear all


2010年4月29日木曜日

MUSIC FROM FINLAND CDフェア




MUSIC FROM FINLAND 2010と称しまして、レコード店さんでフィンランドのCDフェアを5/1から開催します。ほんとは目玉商品はNordik Treeの新譜だったのだけど、これの入荷はおそらく5/9ごろになりそう。だからフェアは5/1からスタートしますけどNordik Treeの新作は最初はありません。CDサンプラーやコンサートチケット、フィンランドのトラベルガイドブック、ムーイングッズ等が当たりますよ。今日はお店さん用の看板を作ってました。これからクジ箱の準備と、コメントカードを作ります。ふぅ〜。

開催店はTOWER RECORDS新宿店、TOWER RECORDS渋谷店、HMV渋谷店、HMVルミネ池袋店、山野銀座店 詳しくは各店頭にて。

2010年4月28日水曜日

マリアのチケットとちらし、大手術(笑)



マリアの公演が延期になりましたが、新たに申し込んでくれるお客様もいらっしゃって、最初はチラシとチケット、手書きで訂正していたのですが、それじゃどうも、というわけで、こんな風にシールを貼ってみました。なんかヘン。でも、ま、仕方ないかな〜。

ルナサ、新譜「ラ・ヌーア」掲載いただきました

CDジャーナルさん、ミュージックマガジンさん、ありがとうございました〜


英国は楽しい

結局今回の旅でコンサートをたくさん観ました。何も見なかったのはたった2晩だけ。そのうち1晩は船の上だった。今度ウチで出す新人くんを1回、ロビンを2回(カーデイフ&ロンドン)、ポール・ブレイディを2回(マンチェスター&カーディフ)、クリス・ドレヴァー1回(ロンドン)。当初27日まで飛べないかも、と言われていたので、27日までロンドンでやっているコンサートを書き出してみたら、たくさんあった。他にはエミリー・スミスにジム・マレイ他。でも結局見る前に帰ってきてしまった。でも帰れて良かった。私が帰国する前日からやっとヒースローが開き始めて飛行機雲の写真をたくさん撮った。翌日帰れるなんて夢にも思わなかったので「飛びたいよー」という気持ちが写真にあらわれている(笑)。

このぐちゃぐちゃな(ごめん!)な塗り絵はフルックのセーラの娘、来日もしてたメイジーの作品。メイジーの写真を撮りたかったのだけど、セーラは撮っちゃいなよと言ってくれたのだけど、ご本人がイヤがあったのでパス。このくらいの子供は自我が芽生えて、なかなか難しい。あんなに日本で良くしてあげたのに、久々に会えば、また1から人間関係やりなおしだ。とほほ。また次に会った時も覚えてないんだろーなー

それにしても今回思ったのは、やっぱり経験値は若いときにあげておくに限る、ということだ。英国は私はもう大学時代から何度も貧乏旅行した。夜行船とかも、25年前に経験済み。だから良かったんだけど、これが始めてだったらと思うと恐怖だ。経験値が高ければその分人生の選択肢も広がる。ロンドンに当分いるつもりでオイスターカード(スイカやパスモみたいなもん)も買ったんだけど、翌日には帰国してしまった。帰れると思うとちょっと残念だった。ロンドンにはユニクロがあって靴下とか買い足したばっかりだったんだけど。





ロンドン

最後のホテルは、長丁場になることを覚悟しロンドンのANAのオフィスから歩いて5分ほどの安BB。ヒースローまでも30分くらい。1泊朝食付35ポンド。シングル。充分でした。なんといってもネットがすいすい。ワイヤレスで無料。アラブ系のオーナーさん。1泊ずつ延長してくれるなど,親切にしてくれました。こういうときに便利なのがヘッド&ショルダーズ。シャンプー、リンス、ボディーソープ全部兼用。洗濯にも使えます(笑)。それにしても天気が良いロンドン。桜が綺麗。CDの試聴機はオックスフォードストリートのHMV。ポール・ブレイディの新譜とクリス・ドレヴァーの新譜が見えます。そうだ、ロンドンに来たんだし、明日はセシルシャープハウスくらい見学に行こう、と思っていたら帰国してしまいました。






英国はおいしい その2

あと英国でしびれるほどおいしいものの中に、チーズがあげられます。チーズトーストはイギリスが一番美味しいと思うんだけど、違うかなぁ。あとこの下は今回の旅ではじめてみつけたペイスティー屋さん。コーンウォール名物?らしい。とにかく激ウマ。地下鉄の中で食べちゃった。電車の中でも食べてて平気なのがいい。


英国の野菜はおいしい


英国はおいしい

こういうときこそ美味しい物を食べないといけないというわけで、BBの近くに4、5ケ所美味しそうなところをチェックしました。が、結局その中で、この写真にあるフレンチしかいけなかった。3コースがランチで11ポンド(1600円)ほど。それほど激ウマでもなかったかも。デザートのクリームブリュレ、ラズベリーのせは、ラズベリーもしっかりこげているのが高得点。他にはマークス&スペンサーのお惣菜。ついつい買い込んじゃう。ペンネアラビアータの写真が良いでしょ。これが、イケてなさそうなイタリアンのお店だったのですが、超激ウマで、なんとたったの5ポンド! フルーツはその前日にポールの楽屋でガメてきたものを早朝の電車の中で朝食にしたもの。カーディフからロンドンへの電車の中です。電車高いね、英国は。80ポンドくらい取られたよ。電車のチケット買ってから、あ、そうだ、この国の貧乏人はバスで旅するんだった、と思い出した。

それにしても食べ物が本当においしいヨーロッパ。野菜や果物に力があるように思えるのは気のせいかしら。でも今回みたいな足止め事件だと、食べ物のあわない年配の人とか本当に大変だったろうなぁ。ロンドンの食べ物屋も行きたいところをたくさん書き出してみました。先のグリーンパークの焼き肉屋。ここは高いんですが、うまいんです。狂牛病まっさかりのロンドンでP社のK社長と食べたってなくらい。他にもバークリースクエアの近くにあるこれまた死ぬほど美味いシーフードの店とか、ワガママにも一度は行きたかったし(グラスゴーであんなに行ってたし)、パブランチとか、あとはボンドストリートにある高級ホテル(ウェストベリー)のアフタヌーンティー。リッツホテルのとなりのフォートナム&メイソンズでもいいや、そこでお茶。でもリストにしたものを食べる前に帰ってきてしまいました。結果論だけど、大英博物館の前で2.5ポンドのホットドック食べた自分のバカ、バカっ。でもあの甘いタマネギの匂いと、小麦粉ばっかり入っていて肉がほとんど入っていない英国の安ソーセージが大好きなんです、わたし。







大英博物館

ロンドンにスタックしている時に、ホテルの部屋でずっとBBCのニュースを聞いていると頭がおかしくなりそうだったので、大英博物館に行きました。ここにくるのは3度目くらいですが、何度きても圧巻です。とくにエジプトとギリシャのコレクションがすばらしい。ミイラに圧倒され恐くて写真は撮れなかった。髪の毛とかすごくリアルに残っているんだもの。すごい! 私が撮影できたのは、せいぜい馬のミイラ。ちょっと可愛い。あとロゼッタストーンも。わかりますか? これに何千年前の人の文字が書いてあるんですよーー。もうそれだけですごい説得力。

ロンドンにどのくらいとじこめられるか分からなかったので、行きたいところをメモに書き出してみました。コベントガーデンとか、ミュージカルとか。実は何十回となく行ったロンドンですが、なんと今だにコベントガーデンに行ったことがない。コンサートには死ぬほどいったけど、いわゆるミュージカルも観たことがない。結局両方とも行く前に今回も飛行機が飛んだので帰国してしまいましたが。

この日は美味しい物を食べようと、グリーンパーク近くの焼き肉屋を目指していたのですが、大英博物館のカフェに入ってブラウニー食べて、外でホットドック(タマネギの甘い香りが圧巻!)を食べたら、それで終わってしまった。残念。






2010年4月26日月曜日

マリアの公演のご案内

5分ほど前にマリアの公演の払い戻しや変更に関するご案内を、対象者の皆さん全員にメールをさしあげました。

なおすでにこちらに「継続オッケー」や「払い戻し希望」のメールをいただいた皆さまには、ご連絡していませんのでよろしくお願いいたします。皆さんがなるべく9月も来てくださいますように。

アラマーイルマン・ヴァサラット、ライヴDVD!

とりいそぎ新譜エクスプレスで発送を開始しようと思います。条件などはこちらを参照ください。
http://www.mplant.com/exp.html

<内容>
●ライヴ映像(合計232分)
ヘルシンキでの2009年12月のライブ映像
ヘルシンキでの2008年5月のライヴ映像
ヘルシンキでの2007年11月のライブ映像(以前CDRで配ってたのはこの時の映像です)
ボーナスとして
 メキシコでのライブ映像
 デンマークのフェスティバルでの映像
 日本公演(DUO)
 ヘルシンキ・フェスティバルの映像

●Music Video(合計21分)
あのヘンな恐怖の3部作他、6曲のMUSIC VIDEOを収録

●Extra (合計45分)
2005年の人形劇のサントラを手がけたときの映像
Huuro Kolkkoのメイキング映像。爆笑もの
ホラームーヴィー(ま、これも笑ってください)
The Puebla Incident(これはYou Tubeにあがってましたね)

<ご注意>
ヨーロッパ方式のPALのディスクですので、通常の日本のDVDプレイヤーおよびプレイステーション等では観ることができません。専用プレイヤーもしくはパソコンでご覧いただけます。

<値段>
3,000円(新譜エクスプレスですので送料込み)

スヴェング、新しいアーティスト写真(遅いっ)

2010年4月25日日曜日

スヴェング、ポストカード!


オノナツメさんのイラスト&写真で、ポストカードを作りました。会場で販売しま〜す。

スカンジナビアン・スタイルさんに掲載いただきました

5月のフィンランドフェストについて、スカンジナビアン・スタイルさんに掲載いただきました〜。ありがとうございました。


CDプレゼントも同じ号に掲載されていますよ。ぜひ応募ください。フィンランド音楽のCD4枚組。

2010年4月24日土曜日

公演延期のお知らせ:マリア・カラニエミ来日公演

4月24日(土曜日)
[Finland Music Cafe Vol. 5@Star Pine Cafe
マリア・カラニエミ来日公演 Maria Kalaniemi]
公演延期のお知らせ

お客さまへ
4/24に予定しておりましたマリア・カラニエミ来日公演は、アイスランドの火山灰によるヨーロッパの空港閉鎖&フライトの混乱のため延期となりました。

楽しみにして頂いておりましたお客様には大変に御迷惑をおかけ致しますが、何卒、ご理解頂きます様宜しくお願い致します。
また、お持ちのチケットはそのまま延期公演(9月22日(水))にてご利用になれますので、大切に保管して頂き、多くの御来場を心よりお待ち申し上げております。

なお新しい開場時間は18:30/開演時間は19:30になります。

-------------------------------------------------
*払い戻しを御希望のお客さま・・・

日程の変更に伴い払い戻しをご希望されるお客様は、下記の手順でお願いいたします。

●THE MUSIC PLANTにてチケットをお買い求めのお客様は
mplant@mplant.com までメールください。
折り返しご案内の詳細をお送りいたします。

●チケットぴあでチケットをお買い求めのお客様は
お買い求めの窓口までご相談ください。
払い戻し期間:4.24~5.23 
ぴあ総合info:0570-02-9111

●会場でチケットをお買い求めのお客様は
払い戻しもStar Pine's Cafeにて受け付けます。
払い戻し期間:4.24-5.23
電話番号:0422-23-2251

戻ってきました

なんとか昨晩のうちに戻れました。お電話をお客様にかけまくり、ほとんどのお客様に連絡が取れたのですが、いただいている電話番号が留守電にもならず、どなたも出ずという番号が4件ほどあります。

本日、野崎は開場時間をめざして会場に詰める予定。払い戻しに関する詳細も会場さんと今日詰めてきますので、もっと詳しい内容をここでお知らせできると思います。しばらくお待ちください。引き続き皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

2010年4月22日木曜日

私もやっと帰国

私もやっと帰国です。良かった。今日飛べれば、23日の夜にオフィスに戻れるので、そこからチケットを買ってくださった皆さんに直接ご連絡できる予定。まだちゃんと飛ぶかとかは分かりませんが‥‥。フィンランドは今日も空港がちゃんと開いているわけではないようです。

残念ですが

今回は残念ながら公演延期という結論になりました。ヨーロッパの空港は再開しつつありますが、それでもちゃんとフライトが予定どおり飛んでいるわけでは全然なく、まだまだ混乱を極めており、いろいろな事情を考慮し関係者と検討重ねた結果の結論です。日本ではどう報道されているかわかりませんが、現在何十万人という人たちがフライトに殺到しており、とても正常な状態とはいえない事態です。

楽しみにしてくださっていた皆さんにはほんとうに申し訳ありません。私も泣きたいです。アーティスト本人も非常にがっかりしていました。でもマリアは今度は必ず来ると言ってくれているので、とにかく9月までお待ちいただければ幸いです。

で、そんな中、皆さんにお願いです。なにせ私がヨーロッパでスタックしてしまっているため、皆さんへの連絡がどうしても行き届きません。とにかく今、ロンドンのこの安宿で必死にネットをつなぎながらホームページとここはアップしましたが、まだまだこの件をご存じない皆さんが多いと思います。ですので、この件を皆さんのお友達や公演にいきそうな人に広めていただけたらと思います。私もこちらでミクシイに書き込んだり、いろいろやってみようとしているところです。どうぞ、スタッフ一人で必死に運営しているMUSIC PLANTを助けていただければ幸いです。

週末から平日の公演に変わったので、公演にこれないお客様も多いと思います。帰国しだい、払い戻し等のご案内していきますので、しばらくお待ちください。ほんとうにご迷惑をおかけします。今のところ帰国は最悪でも28日になりそうです。今、必死でウエイティングをかけているところなのですが。

2010年4月21日水曜日

まだまだ分かりません

マリア・カラニエミの来日については現在、明日の朝、9時にここで正式に結論が出せるよう、今、A案からD案くらいまで作って調整しているところです。

チケットをお持ちのお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。最後までねばりたいとは思いますが、ヨーロッパでは一部の飛行機は再開したとはいえ、まだまだ正常化にはほど遠く大混乱をきわめております。いずれにしても明日の朝のホームページをご確認いただえれば幸いです。ご迷惑をおかけします。

2010年4月19日月曜日

マンチェスター、イングランド、イングランド


マンチェスターもすっごく綺麗なところです。昔はこういう北イングランドの町にくると「いけてないなー」と思ったものだけど、今はほんとにすてきなお店やレストランも多くて最高です。



ってなわけで、力をつけるためにこんなに良いものを食べちゃいました。ほんとはムール貝と白ワインと思ったのですが、斜め前のカップルがエスカルゴを頼んでいたので、真似して取りました。エスカルゴ&ロゼワイン。


これはコロッケに見えますが、フィッシュケークです。はっきり言って激ウマでした。すみません、不謹慎かもしれませんが、食べ物の写真をもっと!という声が聞こえて来ているので(笑)


ポールの会場。でかい!!


ロックシュターのステージ。いや、もう最高にかっこよかったですよ! でもポール先生はほんとに難しいというか。詳しくはまた今度。ロックシュター稼業も大変です。

2010年4月18日日曜日

写真 of カーディフ、ウェールズ

カーディフはすごく綺麗な町です。天気もほんとうに良い。これは夜の9時くらい。

ロビン・ヒッチコックのコンサートに行きました。前座のインクレディブル・ストリングス・バンドのマーク・ヘロンと。

かっこいー!!!

翌朝あけてカーディフ観光。カーディフ城。それにしてもカーディフはすごい観光都市ですね。

ウェールズはアイルランドやフィンランドみたいに二カ国語表記です。

ラム! が、ラムより美味しかったのはその下のマッシュポテトでした。




実はこれからの移動をどうしようか思案中だったのです。最初アダプターを持って来てないので無理!と思ったものの、よく考えたらUKまでのアダプターはあるわけで、UKのものを変換するものがあれば良いということで、デパートでこんなのを買いました。約7ポンド。最初UK→コンチネンタルというのを買おうとして、ちょっと考えてUK→ワールドワイドというのにしてみました(笑)。これを使わないで済む事を期待します。

情けないと思われるかもしれませんが、携帯やネットがつながらない場所に行くというのは大変な恐怖です。調べもの一つもできなくなる。船にのっていた7時間は、そんな感じでした。電源がとれなくて、私のアイルランドの携帯は電源がすぐ切れるのでホントどきどき。なので何はなくてもこれは必需品ですね! あと、こう文明社会の中にいるという事は大事。カーディフが都会で、こういうものをすぐ買えるというのもほんとに助かる。あとホント勝手知ったる英国にいるというのも重要事項です。下手に移動して、苦手で言葉のつうじない場所にいったらこうはいかないことをよく噛み締めて、今後の予定を決めないと。自分が得意なのは、英国、アイルランド、ここは大丈夫。多少大丈夫なのが、ベルギー、ドイツ、デンマーク、フィンランド、スウェーデン。フランスは絶対に苦手。さーて、明日はロンドンで交渉大会。どうなることやら。

おっ、TVでBAがテストフライトだって。がんばれロンドン勢!