bar clear all


2011年9月30日金曜日

フレアーク、元気です

フレアーク、無事にみんな来日していますよ! エリックとミレラ以外はみんな日本初めてで何だかとっても可愛いです〜。特にパブロ(ベース/ギター)とマリウス(ツインバロン)。すっごい楽しい!!!

明日の公演、当日券あります。5時オープン、6時スタート。2時間くらいはやってますので、ぜひ皆さんかけつけてください!







みんな食べっぷりが気持ちいいです。すっごく喜んでなんでも美味しい、美味しいといってくれるのでご馳走しがいがある。最後の写真はフレアークのジャケットを書いたこともあるアーティストさんの絵画集。ゆっくり見るのが楽しみ1

明日ですが、結構即売グッズあります。ボックスセットに新作のDVD(でもPALです)とCDのセットなど。あまり数がないのでご希望の方はお早めに。

2011年9月29日木曜日

明日からフレアークツアーです!



いよいよ!!!

土曜日の公演のチケット、当日券あり!!! ぜひ皆さんお越し下さい〜。


新しい映画「猿の惑星」が楽しみだという話で友達と盛り上がる。今度は字幕付きでみたい。いや何度でもみたい。お猿役の人の演技がものすごいハンパない! お猿かっこいい!! シーザーーーっ! 橋の上を馬にのったシーザーが登場するシーン!! 何度でも見たい。「映画批評」という雑誌で過去の作品を特集しているらしい。復習してから行くと良いかも。このテイラーとジーラのキス、よく覚えている。10/7公開。

2011年9月28日水曜日

フレアーク、明日オランダを出発します

エリックからセットリストが届きました。もちろんこの曲も……



(曲が始まるまでオヤジの前説が1分ほどあり)

11/5 ヴェーセン/マーティン&デニスのチケット状況

現在こんな感じ。これからマーティンとデニスが4月にやったインタブーがたくさん露出するし(どこに出るかはお楽しみに〜)、プランクトンさんと共同で制作したCDフェアもあるし、TFMの番組も再放送されることが決まったし。

黒いのが売れたところ。水色がトッパンホールさん持ち分。緑色がウチの持ち分。Mの端のブロックはお世話になったジャーナリストやメディアの方の招待席かなと思っています。で、後方4列が自由席です。自由席は70席ほどある中で34席ほど埋まって来ています。これはソールドアウト必須か?! 

ワクワク……というわけで、皆さんチケットはお早めに。トッパンホールですが、400名のコンパクトな場所なので、どこで聞いても音は抜群ですよ!

NHK-FM「今日は一日プログレ三昧、再び」に宮武さん出演

2010年の夏にケンソーの清水さんも出演し、熱狂をもたらしたあの番組が帰ってきます!
「今日は一日プログレ三昧、再び」

放送はNHK-FM 2011年10月10日(月・祝)午後0時15分〜10時45分(ニュース中断午後6時50分〜7時20分)
詳細はこちら!

そして我らがkasaya.comの宮武さんも出演します!! 宮武さんはミスターシリウスというすごいバンドのリーダーでもあり関西プログレの真の重鎮なのだけど、もちろんウチのホームページの通販をご利用いただいている方はご存知ですよね。MUSIC PLANTの通販は、宮武さんにハンドルしていただいてます。

というわけで、すごい楽しみだけど… 私はツアー中かも…トホホ。誰か録音しておいて〜。

http://www.nhk.or.jp/zanmai/next/20111010progressive/index.html

2011年9月27日火曜日

もうすぐフレアーク!

もうすぐフレアークがやってきます!! 今日はこんなチェアが届きました。誰が座るのかなぁ〜(笑)久々の赤ちゃん連れツアー。がんばりまーす!

ケンソーの清水さんがブログにフレアークのことを書いてくださいました。

アイルランドより戻りました

というわけでアイルランドより戻ってきました。今回は某クライアントさんのレコーディングのプロジェクトです。その前に2日ほど皆さんに先行してアイルランドに行き、ライヴを楽しむことができました。その後はレコーディング4日間。終日缶詰でホントに疲れましたが、ものすごく良いものがとれたので、また発表できる段階に来たらご案内したいと思います。楽しみにしててください。

クライアントさん仕事は久々でしたが、普段泊まれないようなホテルに泊まり、普段食べれないようなごちそうをたべ、日本の一流ビジネスマンの方たちとすごす時間は濃ゆく濃密で、とても勉強になりました。

また、こういう事でもないと、普段来日させることが出来ない、でも実力があるミュージシャンの皆にしっかりギャラを払ってビジネスが出来ることもないし、今回はほんとにみんなと仕事が出来てすごく良かったと思います。スタジオのチームも、ホントもう最高だったし! やっぱりアイルランドはいいなと思ったのでした。

そしてダブリンも良かったけど、最後撮影班にくっついてゴールウェイにも同行し、いろいろ普段行けないようなところまで行けたのは嬉しかったです。もちろんアイルランドは何度も行ってますが(そろそろ50回には達しているんじゃないかしら)、仕事以外で行くことがないため観光地やコンサートがないような僻地にはもちろん行けないし、一時アイルランドに部屋を持ってた時期は何もなければ家でグータラDVDを見てたので、とてもじゃないけどコネマラとか、モハーの断崖とか行く余裕はなかったのでした。今回モハーは2度目(立派なビジターセンターが出来ててびっくらでした)、コネマラはホントはじめて行くことが出来てかなり感動的でした。

ゴールウェイには1泊しかしなかったのですが、その1泊のときにアルタンのマレードと偶然ホテルのロビーでばったりあってビックリしました。アイルランドってホント不思議ですよね。そしてルナサのショーンにも会うことができました。ショーンは近くあるアイルランドの大統領選のチャリティギグでの出演だったのですが、妹のコーラとブリーダ二人をしたがえて3フィドル+ギターで滅多にない演奏を見れて楽しかったです。ショーンが終わったのが1時すぎで、その後,同じギグでシャロン・シャノンも出演だったのだけど、とてもじゃないけど翌朝は7:30スタートで撮影だったため、その場にあと1時間居ることができず、ホントに残念でした。シャロンには楽屋でも会えなかったけど、デジー・オハロランには会って挨拶できました。覚えてないだろうけどね、デジー(笑)

おじさんたちとゴールウェイでバイバイして一人でダブリンに戻って来たら、いつものダブリンでホッとしました。普段泊まるいつものホテルはナイトクラブですごくウルサくガヤガヤしててガサツでしたけど、夕飯食べに行ったワガママはラーメンのびててマズかったけど、普段いつもは一人でノビノビと仕事できるのが一番いいなと思ったのでした。自分の仕事は貧しくて(笑)大変だけど、いつも通りが一番いい。ここが自分の居場所だ、ってすごく思いました。クライアントさんたちはまだ撮影続行中で今日くらいにアイルランドを出て帰国されるはずです。楽しかったなぁ〜。終わっちゃって寂しい。またこのチームで仕事が出来たらいいなぁと思います。

というわけで日本に戻ってきて、すぐ金曜日からはフレアークのツアーです。このあとはケルティック・クリスマスまでほぼノンストップ! 忙しくなる。がんばるぞ!

2011年9月26日月曜日

もっと写真

しかしホント何もなかったけど可愛くて素敵なところだったよなぁ〜。アイルランド西部。









2011年9月25日日曜日

2011年9月23日金曜日

レコーディング完了! そしてまたご飯の写真

すみませんねぇ〜クライアントさん仕事なので詳細はこのCDが発売になるまで明かせないのですが、とりあえず今日はすべての録音が終わりホッとしているところです。良かった。とにかく無事に終わって。いやもちろん大丈夫という前提のもとに仕事をしているわけですが、それでも本当に無事に終わると嬉しい。そしてちょっと寂しい。でもホントにホントにほっとしています。良かった。終わって。

参加してくれたミュージシャンそして、何より大活躍してくれたエンジニアと彼のスタジオチームに最大のお礼を‥ 本当にありがとう、ありがとう。

日本人チームは今日からまた2名合流して、ますます濃ゆいメンバーに。一流の仕事をするおじさんたちは本当にすごいし面白い。




2011年9月22日木曜日

食べ物の写真!

レコーディングでダブリンに来ています。現在スタジオ最終日進行中。本日はフィドル/アコ/ギターのトリオ、そして歌&ハープ。たいへんだけど、がんばる。クライアント仕事なので仕事の写真は載せられません。食べ物の写真のみですが、食べているだけではありません(笑)




出張 レコーディングDAY3

今日は早めに終わると思っていたのに思いのほか長くかかって、ぐったり。でもホントみんなよく頑張ってくれた。ありがとう、ありがとう。アイルランド音楽のために働いているということは、わたしの誇りです。自慢のアイリッシュたち。本当におつかれさまでした。

なぜか写真を読み込むカードリーダーが不調でNGに。なんでだろー(涙)

それにしても他の日本の人たちと一緒にここに来ていると分かる。私の仕事はアイルランドと日本をつなぐ事だと。一緒に来た人たちはもうアイルランドだけではなく世界のあちこちを飛び回っている日本の一流ビジネスマンのおじさまたち。皆さんがアイルランドを気に入ってくれますように。そしてアイルランドがほめられるととても嬉しい。明日もがんばろう。

PS
R.E.M.が解散した。ピーター・バックは私も日本に呼んだことがあるんだよ、ロビン・ヒッチコックのバックバンドで。そしてマイナス5で。ピーターは男らしく、本当にプロのツアーミュージシャンだった。R.E.Mについては私は詳しくないけれど、でも私がロビンのツアーを作ったら、こちらから頼みもしないのにピーターが日本にいく事をオフィシャルHPで告知してくれたんだ。涙がちょちょぎれるほど嬉しかった。

バンドが解散するとき、ミュージシャンが引退するとき。かける言葉は「ありがとう」だ。ジョニー・ラモーンとユキさんが教えてくれた。

2011年9月21日水曜日

出張 レコーディングDAY2


アイルランドは実はチーズがすごく美味しいのでした。

それにしても仕事がうまくいくとご飯も美味しい! クライアントさんの要望にきちんと答えられるか。ミュージシャンたちをハッピーにできるか。それが私の仕事。がんばるぞー。現在夕飯が終わって部屋に戻り夜の10時。疲れました。でも今夜は誰からも夜遊びのお誘いがないのかしら〜と、ちょっと寂しい。でも日本からの仕事もたまっているし、仕事しなくっちゃ!! やばい。

マーティンのTV番組をみてCDを買ってくださった方、コンサートチケットを注文してくださった方、もうしわけございません。THE MUSIC PLANTは個人事務所で私以外のスタッフがおりません。帰国し次第、至急ご連絡/発送いたしますので、しばらくお待ちください。

さてレコーディングも後半戦。頑張るぞ!

2011年9月20日火曜日

出張 レコーディングDAY1

クライアントさん仕事で現在ダブリン出張中。無事にレコーディングの初日を終えてホッ。そして仕事が終わったあと、ポール・ブレイディとそのお仲間チームのおじさんと飲みました。勝利の一杯。ありがとう、ポール。

そして今日の日本では、マーティン・ヘイズの出演した葉加瀬太郎さんのドキュメンタリーが再放送のはず。たしか8時くらいだったはず。すみません、もうバタンキューで寝ます‥ 明日も朝早いぞ!! がんばろー。


2011年9月19日月曜日

ヴェーセンから皆さんへ



ウーロフ「こんにちは。ヴェーセンからご挨拶。今、西スコットランドをツアー中です。11月に日本に行くことを楽しみにしていますよ。日本のお客さんに会えなくて寂しかった、本当にまた会えるのが楽しみです」

ローゲル「マーティンとデニスとも演奏するよ。コンサートに着てね。すごく楽しい公演になるから」

ミカエル「本当に会えなくて寂しかったよ」

ローゲル「今はさよなら、でも11月に会おうね!」

ホント、そうだよね、前回の公演から‥‥ホント長くあいたよね、今度はもっと早く呼ばないとね‥‥

いや、このムーヴィー。実は私が会ったとき撮影すればよかったのですが、ばたばたで時間がなく‥‥あとから彼らに送ってとお願いしたらこうなりました。おそらく撮影者がいなかったのね。ちょっとローゲルが切れてる感じが笑えますが‥‥大変だったね。忙しい中、送ってくれてありがとう。お客さんも喜んでくれることでしょう。皆さん、お楽しみに。

今夜観たものは‥‥

クライアントさん仕事で来ているダブリンですが、お許しがでたのでスクイーズのライヴを観ることができました。グレン、元気そうでしたよ。

セットリスト

Black Coffee in Bed
In that love?
Model
Labeled with Love
Annie
Hour Glass
Chris - heart broken
Lovin' you tonight
Melody Motel
Good Bye Girl
It's so dirty
Chris ータイトル忘れた!
Tempted
Take Me
Nail

Encore
Cats
Slap
Junction


2011年9月18日日曜日

写真 in Dublin

クライアントさんたちを出迎えるまで時間があったので「猿の惑星」の新しいやつ、みちゃいました。めっちゃクールでかっこよかった!
もう地球はお猿さんたちにまもってもらうしかない。人間じゃだめだ。




かわいいバンド。契約しちゃおっかな。左の子、ダニー(コローナズ)が子供だった頃に似ている。

出張DAY 2

そんなわけで、まずはダブリンのヒューストン駅に到着したのが11時くらいだったでしょうか。そこからタクシーを飛ばしてVodafoneへ。携帯をなんとかフィックスしようと試みましたが、ついに1年半ほど本国に帰ってなかったこともあって私の番号は死んでしまいました。とほほ。10年以上つかってきた番号だったのに。ショックだわ‥ でもくよくよしてられないので新しい携帯をゲット。そのまますっとんでコノリー駅へ。ベルファーストへの電車に飛び乗る。これを逃すと2時間半電車がない。やっぱりアイルランドは田舎だなぁと思う。

ベルファーストに到着して、ホテルにチェックイン。何か美味しいものを食べようとするが、目の前に「ベルファースト1のうまいフィッシュ&チップス」の看板に誘われ、フィッシュ&チップスへ。ここでチキンフィレサンドを食べるが、これがものすごい美味い!! チップスも極上。コーラを飲んで、ホテルに戻る。なぜかインターネットがうまく接続できず、2時間ほど格闘し、最後にはホテルのお姉さんがホテルのワイヤレスのスイッチをリセットしてくれて、それで復活。そこで仕事をこなしていると、あっという間に公演の時間となる。

この公演はヴェーセンのUKツアーの一環。ベルファーストまで来てるんだったらダブリンとかでもやればいいのにね。でもプロモーターさんがスコットランド人で、今回はスコットランド、そしてベルファーストという日程なんだって。まだツアーの真ん中くらいらしい。

私は会場から徒歩1分くらいのところに泊まっていたのだけど、交差点をわたって会場に行こうとすると、見慣れた大きな人影が。ローゲルが外でタバコをすってた。私をみて爆笑してた。ローゲルちょと白髪が増えたかな? 最後にあったのはケルティックコネクション(2010年の1月)だから、1年半会ってなかったね。いや、でも日に焼けて元気そう。

残りの二人には私が来ていることを言うなよ、と念をおして会場に入る。

会場はパフォーマンスシアターって感じ。ちょっとコンカリーニョ(札幌琴似)に似てたかな。ダンスとかそういうのがメインで使う会場らしいのだけど、いや、実は音が良かった! 昨日のクリスとジョンといい、海外のコンサートは音が悪いというのは払拭されつつあるかもしれない。素晴らしい! お客は150人くらいかな。テーブルとか出て結構ごまかされてはいたけど、入れようと思えば300くらいは入ると思う。でもテーブルが出てたりしたから、かなり一杯感は出ていた。プロモーターさん、よくやってる。

音が良かったけど、やっぱりスピーカーを通すと変わっちゃうので、最前列右側に席を取る。ヴェーセンの場合、スピーカーが向いている方向をよく見極めて、なま音が聞こえる位置に座るのが一番だ。途中ウーロフがチューニングに来てもばれないように新聞で顔を隠しつつ(笑)。

ステージにあがった彼らは、まずウーロフがステージにあがりがてら私に気づき、爆笑していた。ミッケもすぐに気づき、笑いが止まらないといった雰囲気だった。それでもコンサートはしっとりと、いつものこの曲でスタート‥

で、曲目は全部メモったけど、今度の来日公演とだぶると思うのであえて書かないでおきます。でもヴェーセン、オールヒット!という感じだったとお伝えしておきましょう。すごく良かった。

もう前半は息もつかせないくらい。やっぱりすごいわ。ヴェーセンは。最高のバンドだわ。これ以上の音楽が他に存在するのなら教えてほしい。本当にかっこいい。素晴らしい。いや、もう脱帽です。言うことありません。

日本での公演は私はあまりゆっくり観られることが少ないので、今回はホントに堪能しました。あぁお客さんがうらやましいよ。ヴェーセン、ホントすごいんだもん!!

前半が終わると、ミッケもウーロフも私のところに来てくれて二人とも笑いが止まらないって感じでした。いや、私もあえてほんとに嬉しい!!

後半も、そりゃーもう圧巻でした。MCもおもしろく、さんざん笑いを取ってた。あぁ、もう早くツアーはじまんないかなー。もう待てないよー。

公演が終わって、片付けが終わって、ファンの人たちと話す彼らが終わるのを待っていて、2、30分話したかなー。今度のツアーの事などなど。彼らは明日7時にホテルを出発ということで、私も時差ぼけでくたびれたので、会場前でばいばい。今度会うときは大阪の空港だよーっ。

翌日、朝、時差ぼけでまたもや早朝に目がさめてしまい、そのまま仕事へ。それにしてもネットがあるとどこで仕事してても一緒だね。なんかこういうの、いいな‥ 

12:30の電車にのって、現在ダブリンへ南下中。これから夜にはクライアントさんが到着するので、それまでにクライアントさんに頼まれた買い物を済ませたり、もろもろこなす予定。その前にできればミーティングを1本。連絡待ち。連絡がなければ新しい「猿の惑星」の映画がみたいところ。果たしてどうなることやら。荷物をもったままなのがうっとおしい。今夜は実はダブリンではなく郊外に宿泊する。荷物がじゃまなんだよな。トレヴァーのスタジオにでも置かしてもらうかなー。ここのところダブリンは市内の中心部からみんながオフィスを撤退してしまったので、気軽に荷物をおける場所がない。駅に預けるかなー。