bar clear all


2012年11月29日木曜日

絶対に聞き逃してはいけない公演 チーフタンズ with 新日本フィル



左は週刊新潮にのったチーフタンズの記事。

さて、このブログでは、皆さんにおすすめしている公演は、自分の作った公演、プランクトンさんの公演、友達が作った公演、そしてただの音楽ファンとしてお薦めする公演、いろいろあるわけですが…

でも絶対に絶対に絶対に聞いてほしい公演があるんです。これは絶対に聞き逃してはいけない公演があるんです。聞いてほしい度は今までの中で一番なんです。

これは音楽の奇跡だと思う。音楽の作る奇跡の空間。そういう奇跡の夜が明日東京で起こる。錦糸町で起こる。明日はそういう日です。明日は日本におけるアイルランド音楽史上、ものすごく重大な公演になることが、ほぼ間違いない。そして誰もがハッピーになれるそういうコンサートになるに違いない。

今日、トリフォニーホールでは、チーフタンズとオーケストラの皆さんの合同リハーサルが行われていました。私はラッキーにも楽屋でのお手伝いを頼まれたので、仕事といいながらリハーサルをのぞかせていただくことが出来ました。

もう単なるリハーサルだってのに涙が止まらなかったです。ホントにホントにホントにやばかったです。それにしても! オーケストラのリハって初めて見学したかもしれない。音ってこういう風に作って行くんですねー。指揮者の竹本さん! かっちょいーーーよーーーー! すごいなー、すごいなー。そして新日本フィルの皆さん、本当に素晴らしい! 今日最後に合唱団ともリハをした「Long Journey Home」のセットは号泣でした。パディ、すごい! チーフタンズすごい!

明日はきっとものすごい公演になること、間違いありません。チーフタンズありがとう。プランクトンの皆さん、ありがとう。本当に心から、音楽にありがとう。

明日、当日券はS席のみ、まだあるようです。絶対に絶対に絶対に来てください! 錦糸町駅から徒歩3分くらいかな…(笑)トリフォニーホール。詳細はここ

マット先生、指導中。楽屋での心あたたまる風景…




クリスマスももうすぐ! お客さんから頂き物しちゃった。ありがとうございまーす。

Long Journey Home.....


ラウー、2013年6月来日決定!


チーフタンズの公演に来ている良い子のみんなは、すでにチラシをゲットしていると思いますが、ラウーが来年6月に来日します! 

ま、今度の来日はプランクトンさん仕切りなので安心とはいえ、ウチも来日ものが続いて大変だな… 1月ドーナル&パディ、2月kan、3月ポール・ブレイディ、4月アラマーイルマン・ヴァサラット、そして6月はLAU!!! (ちなみに5月に来日するのは、あのバンドです)

ってなわけで、もう2013年に向けて走り出していますよーー



2012年11月27日火曜日

無印良品の音楽会 ー ケルトの贈り物 ー

さて店内BGMのCD、「BGM4」と「BGM17」でアイルランド音楽にも大注目してくれている無印良品さんが、こんなコンサートを企画してくれました。無料だよ! みんな集まれー!!  

ちなみに来日するミュージシャンは次の4名。

歌とハープは元アヌーナで、シークレットガーデンとかでも歌ってるファヌーラ・ジル。


グラーダのブレンダンと、ギターのマット・グリフィン。


そして最近のアイルランドの音楽業界では天才!とみんなが注目しているダミアン・ムレーン。天才だよ、天才!


ってなわけで、皆さん、ご来場くださーい。

会場:トッパンホール
日程:12月21日(金)14:00〜 19:00〜


お申し込みはこちらへ。メンバー限定って書いてあるけど、メンバーじゃなくても申し込めるみたいです。フォームにお進みください。

2012年11月26日月曜日

Christmas is near!

もうすぐクリスマス!ってわけで、こんな曲がポールから届きましたよ。Working at Xmas。

こちらよりDLできます。0.99ユーロ、日本円のPAYPALで支払ったら110円でした〜

クリスマスとか全然関係なく働く私のための歌…(笑)

2012年11月25日日曜日

4月にお会いしましょう

というわけで、裏トトロ、裏ムーミン、いろんな呼び方がありますが、アラマーイルマン・ヴァサラットのリーダー、スタクラが帰国していきました〜。(っていうか、まだこいつ日本にいたのかよ、という感じ/笑)

京都観光をしていたらしく舞妓さんと撮った写真とか、京都の伝統的な包丁を買った写真とか、たくさん見せてくれました。4月の公演の詳細はこちら。チケット発売は12/9を予定しております。



「みんな、こんにちは。アラマーイルマン・ヴァサラットのスタクラだよ。4月は浅草に絶対に来てね。すごいし、楽しいし、桜の花も咲いてるよ〜」(実は二日酔い気味)

チーフタンズ,ホントに素晴らしい!! 絶対に観た方がいい!!

チーフタンズのツアースタッフとして、ここ数日ツアーに出ております。こちらは今朝、静岡駅での貴重なショット。実は他のみんなはバスで移動、私はチーフタンズのステキなおじさまたちと電車移動だったのです。き、緊張する… ホテルから駅までの導線を何度も確認。もちろん失敗しても笑って許してくれる優しいおじ様たちなのですが、50年の彼等のキャリアに敬意を払って払いすぎることない! とにかく粗相のないように…!

 そして無事に大津に到着。紅葉が綺麗。絵画で人の手で塗ったってこんなにステキな色にならないよねー まったくもって自然のすばらしさよ!















それにしても濃ゆいチーフタンズのツアーです。私の中でポイントが高いのはフィドルのディーニー! 切れるようなものすごい演奏を聞かせてくれますよ。チェキラっっ! 

そして性格も男前でかっこいい、とスタッフの評判も高いのです。かっこいいぞ、ディーニー!



ネイサン、ストレッチ中。いつもプラ〜〜ッとステージに面倒くさそうに登場し、あれっ、裏方の子が間違ってステージに出て来ちゃったのかな風をかもしだしていたかと思うと、突然、ものすごい足さばきを見せる、というのが格好いい。ネイサンもいいよ〜っっ












ホントにホントに最高のチーフタンズ。もっとずっと一緒にツアーしていたいのですが、今日私はツアーを離れ今夜最終の新幹線で東京に戻ってきました。ここから4日間は自分の仕事に集中します。チケットの予約確認メールなど、お待たせしている皆さん、ごめんなさい。明日の夜までには皆さんご案内しますよ。そして、また木曜日からツアーに再度参加する予定。明日、チーフタンズは佐世保(だったかな)。コンサートに行かれる皆さん、楽しんでください。ホントにホントに絶対に後悔はさせませんよ!!!

ツアーの詳細はこちら! そして明日は「笑っていいとも」の増刊号にも出演予定。ピーター・バラカンさんの「バラカンビート」にも。

明日の早朝はほぼ睡眠ナシでこいつの成田見送り… まだ日本にいたのかっっって感じ。チケットのデザインもかっこいいでしょ!






2012年11月23日金曜日

いや〜っっ、すごい! 50年のすごさ!

 「笑っていいとも」さんからお花が! アイルランドの国旗の色だよ…
良かった。チーフタンズ。ホントに良かった。林英哲さんもしびれるほどかっこよかった。なんてかっこいいんだ! 

写真はギターのジェフの位置から見た客席。広いよ! ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。






パディのリハーサルの段取りにもう目がまんまる。何度みてもすごい。現役ばりばりという言葉も失礼な… なんというか、すごいよね。もう何年もピークをキープしているすごさ。キレの良さ。

コンサートの出来はもう言うまでもなく…パディのホイッスルの温かい音色の向こうにアイルランドの緑の大地が見えた気がした。ありがとう、チーフタンズ!

明日からまだまだ公演は続きます。東京も30日のオーケストラとの共演があるよ。すっごい、すっごい楽しみ!!! 皆様のご来場をお待ちしております。当日券、まだあるそうですよ! 詳細はここ


2012年11月22日木曜日

LAU at Later with Jools かっちょいいーーーー



そしてそのラウーの来日公演(2013年)の詳細は、そろそろ明らかになりますよ!

2012年11月21日水曜日

浅草ヴァサラット、いよいよ始動!

さて、チーフタンズのお手伝いでワラワラの野崎ですが、いよいよこのプロジェクトが始動いたします。「浅草ヴァサラット」

アラマーイルマン・ヴァサラット、そして浅草の町との徹底コラボを追求した特別企画です!

コンサートはもちろん、スタクラのお料理教室や、ヴァサラット・カフェ、そしてお花見ボート、カウリスマキの映画上映など楽しい企画がいっぱい。

イベントの詳細はともかく公演は4月6日(土)、7日(日)アサヒ・アートスクエアにて。

とりあえず特設ホームページはこちら! チケット発売はチーフタンズのツアーが終わる12/9ざんす。



2012年11月19日月曜日

チーフタンズ、いよいよ!!! まずは本日パディが来日

 今日は某ホテルへお出迎えに。誰を? そう! あの御方。いよいよパディ・モローニ来日。すっごく元気でご機嫌で会えばパワーをもらえる、すごい人です。いや〜嬉しいよー、嬉しいよー。いよいよチーフタンズのツアーが始まった。私もスタッフの1員としてプランクトンの皆さんと一緒に頑張っています。どうぞよろしく! 写真はお出迎えファンクラブの皆さん。平日昼間だというのにおつかれさまです!


そしてなんと11月21日(水)放送のフジテレビ系「笑っていいとも!」のエンディング・コーナーにザ・チーフタンズの生出演が決定!

また、生放送終了後、バンドによる演奏も収録し、11月25日(日)の「笑っていいとも!増刊号」にて放送予定です。ケルト音楽の最高峰グループとして世界を駆け回ってきたチーフタンズ、ついに日本のお茶の間にも進出します。

●出演詳細
11月21日(水) 「笑っていいとも!」エンディング・コーナー出演
        ※12:50過ぎに出演予定

11月25日(日) 「笑っていいとも!増刊号」 スタジオ・ライブ演奏
        ※10:00-11:45内で放送予定

番組HP
http://www.fujitv.co.jp/iitomo/index.html



●ザ・チーフタンズ来日公演2012
11/22(木)東京 Bunkamuraオーチャードホール
11/23(金・祝) 静岡 焼津文化会館
11/24(土) 滋賀 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
11/25(日)長崎 アルカスSASEBO
11/27(火)福岡 北九州芸術劇場
11/30(金)東京 すみだトリフォニーホール
12/01(土)東京 オリンパスホール八王子
12/02(日)兵庫 兵庫県立芸術文化センター
12/04(火)愛知 愛知県芸術劇場コンサートホール
12/07(金)長野 まつもと市民芸術館

総合問い合わせ:プランクトン 03-3498-2881
http://chieftains.jp/
そのあと、いつも元気な畔柳ユキさんとランチ。ユキさんからもパワーをもらった。すごいよ、ユキさんは。経験値が違うわ… 


ってなわけで、昼からケーキまで食べて満腹。あわてて帰ってきて事務仕事してます。

終日事務仕事だけの日を3日くらいほしー。全然おいついてない(涙)

2012年11月18日日曜日

裏ムーミンは某所へ…

昨日の夜は久々に午前様、すべての取材が無事終わったのでスタクラと話し込み楽しく過ごしました。いやー語る、語る、語る。インタビューこんなに受けて大変だったでしょ、というと、もっとやりたいと言う。自分のこと話すだけだから楽しいんだ、と。それに話して行くうちに考えがいろいろまとまって良いんだって。

まぁ、いずれにしてもスタクラはインタビューが上手い。私も見ていて感心することが何度もあった。昨日のインタビューでもえらく良いことを話していた。あぁいう話を聞いていると、音楽はほんとに世界を変えられるんじゃないか、という幻想を信じたくなる。いや、信じたいね、今は。

とにかくスタクラ最高だった。これ以上の成功は想像できない。とにかくすべてのネタは来年3月以降に。協力してくださった皆さんに感謝。

一方のツアーの詳細は21日発表予定。チラシも到着したよ〜(ついでにポールの訂正ちらしも/笑)

写真は3日間、ほぼ缶詰になっていたレコード会社の会議室から見た富士山。ビルとビルの間に見える。

そんなわけで大仕事を終えた裏ムーミンは日本の某所へホリディへ旅だっていったのでした…おつかれしょーん!

今日はチーフタンズツアー前に終日事務所に入れる貴重な1日。とにかく仕事,仕事。チケットの整理はおそらく午後になります。お待たせしている皆さん、すみません、少々御待ちくださいね。



2012年11月17日土曜日

チーフタンズ 公演の楽しみ方

来週はチーフタンズだ!! 信じられないよーーー! 早くスタクラ終わらせて、チーフタンズ体制にシフトせねば。プランクトンの皆さんは、すでに対戦モード突入。ダブリナーズではオリジナルカクテル「チーフタンズ」が飲めるようですよ! 

あら、なんだかモデルのおじ様も素敵!




さて、以前の来日のとき載せてすごく好評だったブログの投稿があるので、また載せちゃいます。「The beginners guide to the Chieftains' concert - チーフタンズ:コンサートの楽しみ方」

●まず最初1曲目の楽しい演奏が終わったあと、パディが立ち上がり、一歩前に出てマイクに向かってしゃべります。あれ、なんだか分からない言葉。パディもいよいよボケて滑舌が悪くなったのか…と思いきや、Sorry Sorry Sorry.... そして英語で「しまった、ここはアイルランドではなかったな」という風に話をはじめます。
このジョークはもうチーフタンズが100年以上も前からやっているジョークなのですが、もう何度も公演を見ている方でも、ここでは大笑いするのが、まさに流儀。「それ、前回聞いたぜ」とか野暮な事は言わず、古典落語を楽しむように、このオープニングをじっくり味わいましょう。I'm Paddy Moloney from Dublin,  the best city in the world! イェーイ!

●そしてパディの英語はまさに正統ダブリン訛り。Dublinはダブリンではなくドブリン。Pubはパブではなくポーブ。Bussもブスと言います。この素晴らしい標準ダブリン語は、今や絶滅危惧種とされパディの後に彼以上のドブリン訛りは、私自身では発見できていません。ぜひぜひ単語を拾うだけでもトライしてみてください。

●チーフタンズのコンサートは本当にテンポがいいのが特徴です。これも行き急ぐご老体ゆえか? いやいや、それは冗談として、デレデレちんたら進行を進めるフォーク歌手や伝統楽器奏者がMCをするのとは訳が違います。とにかくテンポが良い。ゲストはみんな風のように入ってきて、1曲参加してはさーーっと風のように帰っていく。誰もチンタラとステージを歩いている人はいません。だからチーフタンズのコンサートは何度みても飽きないし、とにかくあっという間に終わってしまう。そんな様子もお楽しみください。

●チーフタンズの公演の中、特にマットのソロやパディのホイッスルなど、音楽的な聞き所もたくさんあります。昨日今日はじめた者とは違う、熟練の域。到達できる者はホントに少ない。まさに音楽の神が降臨する瞬間です。

●またステージのフィナーレでは参加者全員によるソロ回しがあるのですが、そのソロ演奏が長過ぎる、とパディがメンバーに警告を鳴らす事があります。よくやるのはティン・ホイッスルをぶんぶんと振り回すしぐさ。そして腕時計を見るしぐさ。そしてティン・ホイッスルで電話の着信音。もしくは消防車の音…など(笑)。そういや昔はデレク・ベル(ハープ&ピアノ)がものすごいベートベンちっくなソロを弾いてみんなを笑わせてましたが、そんな様子も笑えるところ。大きな声を出して笑いましょう!

●そしてダンサーたちのダンスのパワフルさと言ったら! 私はダンスについては素人なんですが、昨今のリバーダンスやなんとかダンスみたいなのに出ている連中には辟易します。世のダンスファンはあんなダンスでいいんでしょうかね…と、マジで思います。ダンスこそ立ち方1つで素人見でも分かるもの。とにかくすごいから絶対に見逃さないように!! また時々キャラ・バトラーがお客さんに手拍子を求める部分があります。よく私はこのブログにアイルランド音楽は手拍子を入れない方がいい、と書いてますが、これは例外です。皆さんぜひ一緒に手拍子行きましょーーーーう!! 精一杯応援してあげてください!

●普段アイルランド音楽って難しそうとか言っている方にも、もう何度も行ったぜという方にも、とにかく多くのありとあらゆる皆さんにチーフタンズのコンサートは楽しでいただけます! 皆さんぜひぜひ駆けつけてください〜 私も楽しみます!!!

すべての公演の詳細はこちら!


<追記>

●パディはよく「anyway!」と言うんだけど、それがアニウェイと聴こえる…これもダブリン訛り?

●ダンサーのキャラ・バトラーがいつも華麗にステージに飛び出してくるのと比較すると、ピラツキ兄弟のネイサンの方はいたって無粋な感じ。あれっ、スタッフの子が間違ってステージに出ちゃったのかな?的雰囲気を醸し出しつつステージに現れ、いきなりかっこよい足さばきを観客に見せつけ踊りだす。これがネイサン流のかっこ良さー!

●とにかくゲストがすごいのがチーフタンズのコンサート。パディはよく「次の曲はスティングとやりました」「次の曲はメキシコのパイプバンドとやりました」といいつつ、えっ、スティングが出るの?とか、メキシコからパイプのバンドが来てるの?と思わせつつ「今日はいないので、〜が代わりに出演します」と話を落とす。この部分も分かっていてもお客さんは「えっっ、スティングが来てるの?」「ストーンズが来てるの?」的反応を示すことが出来れば、あなたもチーフタンズのコンサート通の域! すべて納得の上であえてパディのジョークに乗ってみせる。それがイキなお客様道への近道です。



音楽に対する謙虚な気持ち

この歳になって、音楽の仕事もずっとしているのに、やっぱり音楽ってすごいな、って感動する場面に何度も出くわすのは、ホントラッキーだと思う。

そんな瞬間を捕らえた写真。あの素晴らしい公演が思い出されて、ぐっとくる。

photo by Naoki Fujioka
Thanks to HILLSTONE.

昨日も終日プロモーション

昨日は終日取材日。まさにご飯を食べる時間もないし、移動もバッタバタ。トイレに行く時間もないみたいな日でしたが、ホントにスタクラは頑張ってくれました。そのスタクラの分とインタビュアーさんの分も完璧に通訳でしてくれた染谷さんにも大感謝。

終わったあとはスタクラが「どうしても八重洲のおだいどこやなぎに行きたい」と言い出し、八重洲へ。

ご飯を食べ料金を払い、私は彼等を残してスッとんで家に帰り、ホームページをUP! そう! チーフタンズのツアー前には発売しておきたいということでパディ&ドーナル、kan、そしてポール・ブレイディのチケット発売日をこの日を発売日に設定したのは、3ケ月くらい前。そのあとスタクラのプロモ来日がどうしてもこの位置にしか出来ず(私はツアーだらけ、スタクラは3ケ月の連続ホリディ…うらやますぃ)こういう状況に落ちいったのでした。ふぅ〜。20分くらい遅刻しちゃった。お待たせしてしまった皆さん、本当にすみません。

で、ちなみに今日は大学の同期会もあり、なんとかそこに10分でも顔を出せないかなと思う今日このごろ。大丈夫か?(笑) 

ま、何はともあれ頑張りマース!


2012年11月15日木曜日

音楽はすべてを超える招待状

チーフタンズのこんな記事に涙。またもや編集担当者のたった10文字の素晴らしいキャッチが出た! 「すべてを超える招待状」

本当にそうだ。音楽はすべてを超える。今日は某所でスタクラのインタビュー。取材をたくさん受けましたが、スタクラの話を聞きながらも、ちょっと同じようなことを思った。

それにしても、通訳の染谷和美さんのいつもながらの素晴らしい仕事ぶりに感動。いや〜、もちろん大事なインタビューを台無しにするわけにはいかないと、染谷さんだったら間違いないと思ってブッキングするわけだけど、それでも毎回毎回感動してしまいます。通訳さんはインタビューの指揮者だわ。英語しゃべれるとかそういう問題ではない。

そして取材してくれたたくさんの媒体の皆さん,ライターの皆さん、本当にありがとうございます。

取材の詳細は来年春までのお楽しみ〜

 スタクラも本当によく頑張ってくれました。スタクラ、結構いい事いうんだよね、ああ見えて。ホントに良かったと思う。

夕陽が綺麗。明日も朝から夜けっこう遅くまでびっちり取材。頑張ります!

さっきのさっきまで知らなかったのですが、こんなニュースが。びっくりしています。チーフタンズの中で唯一喫煙者だったマーティンは豪華なメンバー楽屋ではなく、会場裏の隅にあるスタッフ楽屋にしょっちゅうやってきて、よくK子さんとH子さんと一緒にタバコを吸っていました。お酒も好きでよく飲んでたよね。ありがとう、マーティン。ご冥福をお祈りいたします。

2012年11月13日火曜日

ホームページ、FBページの看板を変更! 巨匠二人、いよいよ来日。


ツアーが終わって寂しいことは、自分のホームページFBページを開いたら会いたいアーティストがそこにいないことです。

が、メソメソしてはいられません! 気持ちを切り替えて次,次!!!

巨匠二人のこのライブ写真、可愛いでしょ〜。こういう良い写真がチラシなどの制作がすべて終わった頃に届くのがアイリッシュ(爆)

2012年11月12日月曜日

スタクラ、Angry BirdsのStar wars版の音楽を担当しました!

スタクラが音楽を担当したというAngry birdsのスターウォーズ版。良い感じ! Tubaxの音が聴こえて、ちょっとコミカルな感じ。このトレイラーで分かるかな…



しかしツアーに出てみれば、普段すごく気にしているベランダの植物のこともすっかり忘れてたね。やっぱり私は仕事に向いてる。なんだかんだでやはり農夫にはなれないのであった…そして家族も持てない、ペットも持てない。すべてを忘れて仕事するのが好きなんだわな…



が、しかし! なんとトマトがなっているではないかーーーーっっ。自然の力はすごいねー。スイカは真っ黒になって死んでしまったけど、こんどこそ収穫できますように。このトマト、すごいよ。食べたトマトのぬるぬるを洗って種をとりだし,撒いたもの(笑)











ブルーベリーが紅葉してます…

さーて、仕事,仕事!

疲れた…

スタクラが無事到着して15日よりプロモーション活動を始めます。

それにしても連続で疲れた。

今日はやっと自宅に戻れて、まだまだ取材のブッキングを調整中。がんばりまーす!

そして来週にはチーフタンズがもうやってくるというこの事実… 

左はスタクラにいただいたお土産の数々…。


2012年11月11日日曜日

スタクラ(アラマーイルマン・ヴァサラット)プロモ来日!

アングリーバードのスターウォーズ版の音楽,担当しました。













明日の朝到着のフライトで、アラマーイルマン・ヴァサラットのスタクラがプロモーション来日します。コンサートや新譜リリースの情報はまたのちほど。



どうでもいいけど,忙しい‥ 余韻を味わっている余裕もない‥頑張れ,自分。でもマーティンとデニスがいなくなって寂しいので、忙しいくらいが嬉しい。未来の仕事があるってのはいい(と、しみじみ)。頑張れ、自分‥‥

それにしても家はアルソックかけてきたからいいけど、ベランダの植物が心配だわ‥。早く帰りたい‥トホホ。

マーティンとデニス、無事帰国

朝6:20にホテルを出て7:40の出雲空港発羽田行きに乗り、羽田から成田へリムジンバスでつないで無事マーティンと奥様は昼過ぎのルフトハンザでドイツ経由でアイルランドへ。

デニスはそのあと夕方6時のフライトでシカゴへ。

ほんとにおつかれさま!

私は本当は今日は家に帰りたかったのだけど成田空港のホテルへチェックイン。
というのも明日の朝、はコイツ来日するからなのです(次の投稿へ続く)

松江公演、最高中の最高でした!!! 良かった!

 小泉八雲の「日本の面影」に出て来る洞光寺(とうこうじ)にて公演。
 ろうそくの火も素敵です。

ご住職の奥様がお抹茶をいれてくださいました。
 かっこいい‥!! ホントーーーーーーーにかっこいい!
子供に頼まれてサッカーボールにサイン。 大事なものにサインしてくれ、ってなんかいいよね(笑)
沖縄料理屋で三線に挑戦!
あっという間に弾けちゃうところがすごい。











いやーーーーそれにしても感動でした。なんつーか、ホントいいよね。この二人の音楽をやってると、他の音楽が子供っぽくって!! この完成された研ぎすまされた世界はこの二人だけだと思う。ウチのアーティストはどれもホントに一流だと思うが、その中でも超最高の二人。本当にありがとう、マーティンとデニス! また来てねー

そしてこの松江公演をプロデュースしてくださった、小泉夫妻に心からの感謝。ありがとうございました。

それにしても終わった! とりあえず公演はすべて終わった! 信じられないが終わった。圧倒的な達成感、勝利感、充実感‥は1晩だけで、明日からはまた別の戦いだ!! が、今はちょっとした勝利感に酔わなくちゃ〜 でも明日は5:30起きなので、ツアーの経理と荷物の箱づめしたら死んだように寝ます‥3時間は寝たいものよのう‥

2012年11月10日土曜日

松江を満喫! 本日の公演、当日券あり。お待ちしております〜

本日、お昼ちょっと前より小泉ご夫妻に市内を案内していただきました。八雲記念館にて。
 マーティンはこの絵を携帯の壁紙にしてました。
素敵なお家。このテーブルと椅子はハーンが愛用していたもののレプリカ。すごく背が高くつくられています。本人160cmくらいと小柄だったのですが、目が悪かったため、こんな感じになったらしい。
 お庭が素敵〜 紅葉が綺麗です。
 お昼は、これまた八雲庵というおそば屋さんでおそばとスイーツ!
 きつね神社!
 写真を撮る、撮る‥
は〜い、皆さん、ご一緒に〜  All Together Now!













本日の公演当日券あり。もうこれで本ツアー最後のラストチャンス!  18:30より。ハーンも愛した洞光寺にて。お待ちしております!