bar clear all


2013年1月31日木曜日

ラウー、ラウー、ラウー、4度目の受賞おめでとう!



もちろんオデはラウーが最初のBBCアワードを取る前に日本に呼んだ、先見の目のあるすごいプロモーターなのだが、もうそのアワードが4度目と来たもんだ!!

嬉しすぎる!!!!

マネージャーからバナーが来たので、UPするだす。




2013年1月30日水曜日

Trust in you - Paul Brady

Paul Brady - Trust In You (Live at Kinine) from Steve Mogerley on Vimeo.

ポールのスタジオでのライブ。若いミュージシャンたちに囲まれて楽しそうな御大。すごいよね…

後ろの方でウォリス・バードが真剣にブズーキ弾いてるのが面白い。彼女楽器を持つとガッと集中するんだよね。このあとたくさんクリップが出来てくる予定。楽しみ。

しかしこれ絶対に御大、ON THE SHELF TVに影響受けて作ったよね(笑) あのシューティングが楽しかったし、GOODなアイディアだと思ったに違いない。

「まったくこのクソじじい!」と思うこと100万回くらいだけど、音楽いいとすべて許しちゃうっていうか…参りました!!!って感じ。ま、ごちゃごちゃ言ってるけど、とにかくまた来てくれるんだし、あの素晴らしい音楽体験がまた東京で出来るんだったら良しとしましょうか。

来日公演の詳細はこちら

2013年1月28日月曜日

Super Dryがダブリンのターミナル1にオープンしました

 空港にてアイリッシュブレックファースト。まいう〜
 ダブリンのターミナル1。それにしても初めてダブリンに来たときから比べたら、すごい変わりようだ!
 なんとあの「極度乾燥(しなさい)」のSuperDryがダブリンにも出来た! 知らなかった! 英国/アイルランドの若い男の子たちがよく着ている人気ブランド。私も真似して購入! 女子ものはウェストが細まったライン。もう少し痩せないと。
 ダブリンの空港では電源が取り放題。助かる! インターネットも無料だし…ホント便利。成田も最近は無料だけどね…ハブ空港狙うなら、まずはそこからだろう〜。ぜひダブリンみたいに空港までのトランスポート内でも無料にしてほしい。



 「車動自極度」??? 66は私が生まれた年!
 日本語のよく分からない説明書きまである。意味不明。

こういう細部にもこだわりが〜
 こんなロゴが背中と肩に入っている。早く東京で着たい! 東京で着たら目立つぞー(笑) ヘンな英語のTシャツ着て平気な顔してる日本人への私なりのメッセージだ! イエイ!
フランクフルトで食べたソーセージ。まずかった。このイモも不味かった… 酢キャベツは美味かったけどね…

当分フランクフルト経由はやめようと思ったのでした… 

で、今、帰宅して仕事してます。帰りの飛行機ってどうしてこんなに良く眠れるんだろうか… そして明日の夜にはヴェーセンのチケット発売だよ! 

2013年1月26日土曜日

Newbridgeでポール・ブレイディのコンサート

 朝、ホテルの近所を走り見事に迷って8kmくらい走っちゃった… そのあとは町にくり出してミーティング。アニマル・レスキューのキャンペーンのワンちゃんたち。

 なかなか人気を得ていたバンド。
 冬でもお花がいっぱいのダブリン。
 ポールと奥様が私のホテルに迎えに来てくれて、ポールの運転でニューブリッジへ。あの名盤「Prosperous」の聖地!(笑)

壁のポスターにマーティンとデニスが。
 リサ・ハニガン、アルタンも。
 御大のマンドリン。
 御大のブズーキ。
 ルナサのポスターもあった!
 ギター。3台使います。
こんな感じのこじんまりとした場所で、2 nightsの公演

 もう廃校しちゃったけど、昔は駿台学園があったのよね、この町って… ピアノが贈られ、そしてまた廃校と同時にこのアートセンターに贈られたらしい。
 チケットいただきました〜 
 ステキなきり絵の展示がロビーに

御大の機嫌があまりよくなかったので(笑)とーおくから撮りました。とーおくから(笑)

 ファンの人と写真撮影してます。
終演後はまたもや御大の車でホテルへ戻りました。

いやーーーー素晴らしいコンサートでした!!! ホントにすごかった。

次は東京だ!!

ダブリンの路面電車、LUAS

今回はいろんな事情で郊外のホテルに滞在していたのですが、建物の裏にLUASの駅があって、すごく便利でした。ダブリンにここ2年くらいの間に出来た新しい路面電車。それにしても町の中心にいても、あまり不況とは感じませんが、私の滞在してたエリアはお台場みたいな幕張みたいなデッチあげの町で、新しく建ったオフィスビルはほとんど空室。コンビニと高級レストランのライトだけが付いているという状況でちょっと寂しい感じでしたね。

LUASのチケットは自分でマシンで買います。
 このタッチパネルが雨が降っているとうまく操作しない!!!

 親切な地図もありますよ〜
セントスティーブンスグリーンに到着するとこんな感じ。

だいたい15分に1本くらい。ラッシュアワーとかはもっと頻繁かも。最終は0:30くらいまであるみたいなのでコンサート終わったあとでも便利です。まぁ、でも結構タクっちゃってたけどね。

2013年1月25日金曜日

久々のダブリン

 ダブリンではなんだか雨風がすごくて大変な日でした。マオ・カフェでご飯を食べて〜。このバジルと海老のいためもの。まいう〜。
トム・シャーロック氏と会いました。トムの新しい本。注目です。THE OTHERWORLDつまりあの世とこの世をつなぐアイルランド伝統音楽の世界。すごい! CD2枚付き。AMAZON UKでも買えます。さっそく注文しちゃいました。
 12月にケルティッククリスマスで来日するシャロン・シャノンの公演をのぞきに。事情があってコンサートはみなかったのですが、ステキなライティング。
私はこっちの公演に。新規アーティスト。詳細は何かうまく行ったら報告していますが、なかなか難しいだろうなー 

この時期ダブリンはTemple Bar Trad Festというイベントウィークで、多くのアーティストが参加しています。最後いろんな会場でやってたみんなで集まろうということになりブルームスのバーへ。まぁ、ここで皆に会った、会った、会った! 楽しかった! ホントに何年も会っていない顔も。もうすぐシェイマス・ベグリーも来るわよーと誰かが言う。そしたらそこへポール・ブレイディ御大のマネージャーから電話が… 今、お前のホテルの近くで飲んでるから、来い、と言う(笑) ホントは明日の公演に突然行ってびっくりさせたかったのだけど、明日だとその翌朝が早くてゆっくり飲めないというわけで、今日来い、と言う。そんな訳でみんなを振り切って(シェイマスにも会いたかったけど)、そのままタクシー飛ばして自分のホテルへ戻る…タクシー急げ、急げ! ポールはすごくびっくりしてくれて、喜んでくれて、ホテルのバーが閉まるまでずっと飲んで、そのあとはポールの家によってワインのボトルを拾ってお友達の家にも乱入し、そこで3時くらいまで飲んだのでした。いや〜御大も超ご機嫌で、とても楽しかったな! 

2013年1月24日木曜日

ヨウコ先生@コペンハーゲン

 コペンハーゲン、寒い! しかも朝8時くらいまで明るくならない… 

でもってやっぱり走りました。3kmくらいかなー なかなか気持ちよかった。
 なぜここに来たかというと、デンマークの伝統音楽のバンドにどんな風にしたら日本で活動できるのか、というワークショップの先生を頼まれたから。なかなか厳しい世の中ですが、それでも彼等に夢も与えないと…私も勇気をもらいました。参加された皆さんはこんな人たち。

Jensen & Bugge: www.jensen-bugge.dk
Trias: www.triasmusic.dk
Tradish: www.tradish.dk
Svøbsk: www.svobsk.dk
Himmerland: www.himmerland.it
Nordens Tone: www.nordenstone.dk
Habadekuk: www.habadekuk.dk
Klezmofobia: www.klezmofobia.dk
Valravn: www.valravn.net
Fromseier/Hockings: www.fromseierhockings.com

 ランチはエスニック屋さん。激まいう〜
国旗が可愛いカフェ。
 このヘンは所謂Old Area。この木も500歳くらい。


 今回このワークショップを企画してくれたモーテン・ホイロップと町をプラプラ。キッチングッズも充実! 














     
ここは最近できたFISH KISSというお店。お魚のいる水槽に足をつっこむアレですね。気持ち良さそう。すごく流行っているらしい。




こちらも最近すごく流行っているティーハウス。日本のお茶も本格的にそろっている。コペンハーゲンに行くチャンスがあったら、ぜひチェキラ!
モーテンは煎茶を、私はラプサンスーチョンをいただきました。












ワークショップで会ったこの子たち可愛かったなぁ!! まだ海外で演奏したことがなく、日本は憧れの国なんだって。ペリマンニ音楽に影響を受けているんだって。私の大好きなJPPやノルディックトゥリーだってやって行くのが大変なのに、絶対に無理とは言えず、とにかくまずはCeltic Connectionsとか、カウスティネンだなーというわけで担当者を紹介してあげた。でも豊かな音楽よね。テクばっかりひけらかすバンドよりも、よっぽどいい。上手かないんだけど、いいセンいってると思う。

ちなみにこのワークショップ、来月はブリュッセルのオーガナイザーを呼んで開催されるそうです。すごいね、北欧は…



コペンハーゲンのあとは夜のフライトでダブリンへ。