bar clear all


2017年8月24日木曜日

変拍子が数えられない

変拍子って,皆さん、数えられますか? 実は私は音楽の素養がないので、数えられません。また何をもって,何分の何拍子というのかもよく理解していません。

いつだったかウチのミュージシャンが… というか、スヴェングが(はっきり書いておこう)、アコーディオン奏者の桑山哲也さんと一緒にリハした時のことです。ツアーの前日、とある会場でゲネプロが行なわれました(通し稽古ってやつですね)。で、ステージに上がる前にまずは共演曲の演奏を固めてしまおうと、狭い楽屋でリハが始まったんですが、いや〜、桑山さんくらいになるとマネージャーさんもさすが! 素晴らしいですわ。譜面には強いわ、AABまたAに戻ってCにいってBとか、そういう構成まで覚えるのも速い速い。そうやってマネージャーさんがアーティストのことをしっかりサポートして、譜めくりとかまで手伝いながら、リハはスイスイ進行していったのでした。私なんぞは、いったい何がAなのか、どこがBなのか、そもそも今リハしていることはいったい何をやっているのか、まったく理解できずに、指をくわえてみていただけなのでした。(ま、お茶汲みくらいはしましたが)

学校時代の音楽の成績は覚えていませんが、ピアノを習っていたこともあるので、譜面は一応読めます。ゆっくり読めば、読みながらメロディが歌える…かもしれない(笑)が、とてもじゃないけど仕事上で「譜面は読めます」と言えるレベルではない。 

だからたとえば曲が演奏されているのを聞いただけでは、その曲が何拍子なのか、分かりません。譜面を見れば分かりますよ、だって書いてありますからね(爆)。でも譜面をみないと拍子をちゃんと数えることができません。かろうじてアイルランドのジグとリールの区別がつくくらい。スライドもポルカもストラスペイも区別はつきますが、自信を持って、スライドはこういう定義だとか説明できない。だから、それらが何拍子か、私に聞かないでください。いや、リールが4/4なのはかろうじて知ってますけどね…。あとジグを数える時は「酒がのめるのめるぞ、酒がのめるぞ〜」を歌うといいと誰かが言ってたような気がする…

とか言っていたら、ヴェーセンのマネージャーが数日前にこんな画像をシェアしていたのでご紹介します。

まず皆さん、この画像は、結構SNSとかでよくみる画像だと思います。


最後のOMGGTFOは分かります? Oh my god get the fuck off(かなり汚い言葉)の略です。あ、書いちゃったよ(笑) 



で、ヴェーセンのアメリカの担当者が作ったのが、これ。

"Gudda"分かります?  ヴェーセンの新作「Brewed」に収録されています。これから7/8拍子を数える時は、この曲のメロディを覚えておくといいですよ。自然とあなたも7/8拍子が数えられるようになる(笑)



…とか書いてたら、こんなの書いてる人がいた。この人も面白い! この方によえれば4拍子は「チョウチョー、チョウチョー」、3拍子は「カッコー、カッコー」 変拍子については、5/8「コブタ・ブタ、コブタ・ブタ」、7/8については「コブタ・ブタ・ブタ、コブタ・ブタ・ブタ」って数えるんですって(笑)

はい,皆さん、変拍子、数えられるようになりました? それにしてもヴェーセンのこの曲、キャッチーですよね。朝聞いたら、通勤時間中、脳内再生されそう…

では,皆さん、今日もはりきって参りましょう!

ヴェーセンの「BREWED」はこちらで購入できます。さて本日はチーフタンズのパディ・モローニ大先生来日。到着時のホテルにお出迎え/ご挨拶に参ります。楽しみ!